妊娠線ストレッチマーククリームの比較

妊娠線で悩んでいる方へ!商品を選ぶときの比較するポイントまとめ

まずはじめに。
ストレッチマークとは、妊娠線のことをいいます。
ストレッチマーククリームとは、妊娠線を予防またはケアするためのクリームのことです。
そのようなことから、AFCから「ストレッチマーククリーム」という商品名の妊娠線予防クリームが販売されていました。
現在は、「AFCマタニティクリーム」に名前が変わっています。

名称と商品名とで少しややこしいですが、今回は、数多くある【ストレッチマーククリーム=妊娠線予防&ケア クリーム】について、選ぶときの比較ポイントをまとめましたのでぜひ参考にしてください!


AFCマタニティクリームストレッチマーククリーム比較

妊娠線はお腹が大きくなるにつれてできやすくなり、早めにケアしてあげることが大切ではないでしょうか。

妊娠線対策グッズと検索するとたくさんの数がヒットしますよね。今回は、ストレッチマーククリームの選び方がわからず悩んでいる人のために、比較ポイントはどこに注目すべきなのかご紹介します。

予防したい?消したい?妊娠中や産後でストレッチマーククリームを比較ポイント!


ストレッチマーククリームには、大きく分けて「予防」と「消す」の2つタイプあります。それぞれの違いを比較してみました。

★「予防する」ストレッチマーククリーム

予防するストレッチマーククリーム


「これから妊娠線ができるかもしれない・・・」と悩む人におすすめなのが予防タイプです。
妊娠線ができる原因は、大きくなったお腹に皮膚が耐えられず皮膚組織が伸び繊維が断裂してしまったことや、保湿不足が原因といわれています。

予防するストレッチマーククリームには、肌内部のコラーゲンや繊維がしなやかに対応できるように、保湿成分をたっぷり配合した商品がおすすめです。


★「消す」ストレッチマーククリーム

消すストレッチマーククリーム


「すでにできてしまった妊娠線を消したい・・・」と悩む人におすすめなのが消すタイプです。キレイにするのがむずかしいと思われる妊娠線は、しっかりケアしてあげることで薄くすることが可能です。

消すストレッチマーククリームには血行促進をサポートし、妊娠線の根本に栄養を届ける働きがあること。肌のターンオーバーを活性化させ、新しい細胞組織へ生まれ変える成分が配合された商品がおすすめです。


肌タイプで違う?ストレッチマーククリーム・ローション・オイル比較ポイント!

ストレッチマーククリーム肌タイプ


ストレッチマークケア商品には、クリーム、ローション、オイル系と種類の違う商品が用意されています。肌タイプによって選ぶ商品が異なってくるので、それぞれの比較ポイントをしっかり確認しておきましょう。

クリーム系の特徴


おすすめ→オイリー肌、普通肌、混合肌

・水分と油分のバランスがいい
・肌なじみに優れている
・配合成分が多め

ストレッチマーク商品の多くがクリームタイプで、ほかのタイプと比較してみると配合成分がたくさん含まれています。敏感肌など肌が弱い人は、成分によってかゆみなどを引き起こしてしまう場合があるので、使用前は注意しましょう。

ローション系の特徴


おすすめ→オイリー肌、普通肌、混合肌

・肌を潤す
・角質層を整えてくれる

ローション系は保湿力があるものの、水分を蓄える働きが弱い特徴があります。水分を真皮まで届けてくれますが、保持したり蒸発させない力が他のタイプより低いので、乾燥肌は不向きです。

オイル系の特徴


おすすめ→普通肌、乾燥肌

・油分が多い
・保湿力に優れている

オイル系は水分より油分が多いので、乾燥が特に気になるお腹周りなどのケアにピッタリです。妊娠線はお腹に限らず胸や足の付根などにもできる場合もありますが、塗る場所によってベタつきが気になってしまう可能性があるので注意しましょう。

ストレッチマーククリームは妊娠中と産後で違う!時期別に選ぶ比較ポイント!

ストレッチマーククリームは妊娠中か産後か


妊娠線ケアは“できるだけ早め”がポイントです。しかし、妊娠線はできる人とできない人がいたり、産後になってからお腹周りや足の付根部分に発見してしまうケースもあるでしょう。

妊娠中と産後、それぞれの時期でストレッチマーククリームを選ぶとすれば、どの部分を比較するべきなのでしょうか。

妊娠中に選ぶストレッチマーククリーム


この時期はとにかく「妊娠線を作らない」部分にこだわりを持つストレッチマーククリームを選びましょう。お腹が大きくなるにつれて皮膚が伸びていくので、柔軟な皮にするために保湿成分がしっかり考えられた商品がおすすめです。

また、妊娠線は肌表面ではなく真皮組織が大きくなるお腹に引っ張られて起こるため、表皮下までしっかり成分が浸透し潤いをあたえて、しなやかな皮膚を準備しておく必要があります。

産後に選ぶストレッチマーククリーム


産後は「皮膚への栄養を届ける、肌再生する」部分にこだわりを持つストレッチマーククリームを選びましょう。もちろん、保湿も大切ですがそれにプラスして血行促進や肌のターンオーバーの改善も必要です。

商品によって妊娠中から産後までケアできるように、成分がバランス良く配合されているタイプもあります。すべての時期対応だと効果に満足できない場合があるので、集中して産後の妊娠線ケアできる商品がおすすめです。

匂いに敏感な妊娠中でも使えるストレッチマーククリームを選ぶ比較ポイント!

ストレッチマーククリーム匂い

ストレッチマーククリームには、植物由来成分や保湿成分などがたっぷり配合されています。妊娠中は普段わからないニオイを感じやすく、ホルモンバランスの影響により気持ち悪くなってしまう場合もあります

匂いに敏感な妊娠中に選ぶポイントは・・・

・無香料タイプを選ぶ
・オイルよりクリーム系(ニオイが薄め)
・植物由来のやさしい香り
・海外製より日本製(ニオイが落ち着いている)

とくに、つわり中はハーブなどのやさしい香りでさえ気分を害する場合があります。ストレッチマーククリームを選ぶ時は、できるだけ無香料タイプがおすすめですが、どうしても好みの商品が見つけられない場合は、クリーム系で日本製がおすすめです。

匂いに敏感な方におすすめのストレッチマーククリーム

妊娠線がかゆいときにでも使えるストレッチマーククリームを選ぶ比較ポイント!

ストレッチマーククリームかゆい


妊娠線がかゆくなる原因のひとつが、コルチコステロイドとプロゲステロンによるホルモンが関係しています。
これらはターンオーバーや新陳代謝の働きを低下させるため、洋服の擦れなどちょっとした刺激だけでかゆみを強めてしまいます。

このような状態だと、ストレッチマーククリームを使ってケアするのを後回しにしがちですが、できるだけ早いケアが必要なので選ぶポイントさえ注意すれば、妊娠線がかゆくても使えます。

妊娠線がかゆいときは、次のことに注意して選びましょう。

・保湿力の高いクリーム系を選ぶ
・パラベンやアルコールなど含まない無添加
・肌への浸透率がいい
・サリチル酸など乾燥肌に刺激を与える成分が無配合
・伸びがよくベタつきの少ないもの

安くてコスパが良いストレッチマーククリームを選ぶときの比較ポイント!

安いストレッチマーククリーム


ストレッチマーククリームは数多く、値段もピンからキリまであります。効果や使用感がわからないのに、初めから高い商品を購入するのは勇気がいりますよね。

安くてコスパが良い商品を選ぶ人が多いのですが、値段だけで比較すると効果がまったく得られず後悔してしまう場合があります。どんなことに注意して、ストレッチマーククリームを選ぶべきなのかをご紹介します。

・店頭より安いネット通販で価格を比較してみる
・長期利用を考えて定期コースも検討
・内容量も一緒に比較する
・配合成分をしっかり確認する

正直、安いだけの商品はたくさん存在します。安さだけではなく、機能性にこだわりを持った商品を選ぶと、コスパのよいストレッチマーククリームが見つけられますよ。

値段も納得!AFCマタニティクリーム


返金保証や試供品がある安心なストレッチマーククリームを選ぶ比較ポイント!

ストレッチマーククリームの保証サポート

ちょっと試しにストレッチマーククリームを使ってみたいって時、ありますよね?そんな時に便利なのが試供品や返金保証サービスのある商品です。

肌質や妊娠線の状態は個人差があるため、どんなに良い口コミがあっても自分に合っているとは限りません。商品を選ぶ時は、まず“お試し”してみるのもひとつの使い方です。返金保証や試供品が商品を選ぶ時のポイントがこちらです。

・返金保証の期間をしっかり確認する
・使用後でも返金保証の対象である
・試供品を利用する条件を確認
・ほかのお得なサービスも比較する(送料無料など)

返金保証サービスを実施しているストレッチマーククリームがいくつかありますが、条件をしっかり確認せずに購入してしまうと、利用対象外となってしまう場合がありますので注意しましょう。

身近なスキンケアでも妊娠線は予防できる?ストレッチマーククリームと比較!

ストレッチマーククリームはニベアでも良いのか

妊娠線ができる原因のひとつが、肌が乾燥しているためです。つまり、ストレッチマーククリームを使わなくても保湿ケアをしてあげれば、妊娠線は予防できるのです。たとえば、こんな身近なスキンケアでも手軽におこなえますよ。

・ニベアクリーム
・ベビーオイル
・ハンドクリーム
・ボディクリーム
・ワセリン
・化粧水や乳液

普段、顔や体に使っている保湿クリームやオイルを妊娠線ができやすい部分に塗ることで、保湿効果が高まり予防できます。

ただし、ストレッチマーククリームと違い、妊娠線ケアに特価していないため効果が弱いです。専用クリームは妊娠線を作らせないために成分の浸透性や細胞組織の活性化などの機能性にこだわっています。しっかりケアしたいのであればストレッチマーククリームを利用した方が効果の実感力が早いです。

まとめ


ストレッチマーククリームの選び方は、なにを基準にするのかで選ぶポイントが違います。予防したいのか、消したいのか、試してみたいのか・・・選ぶ時は目的を決めることで、自分にピッタリな商品選びができますよ。

妊娠線ストレッチマーククリームの比較記事一覧

妊娠・出産はとってもおめでたいことですが、体形が大きく変化するので、女性の体にはいろいろな負担がかかってきます。中でも、赤ちゃんが育つにつれてぐんぐん大きくなるお腹には、ストレッチマーク(妊娠線)が残ってしまうことも・・・。ストレッチマークのための商品もいろいろありますので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。AFCとエルバビーバから販売されている、「マタニティクリーム」「ストレッチマーククリ...

妊娠中にぐんぐん大きくなるお腹・・・。赤ちゃんが順調に成長している証ですが、きちんとケアしないと、ママのお腹にはなかなか消えない妊娠線ができてしまうこともあります。そんな時に頼りになるのが、妊娠線を予防・改善してくれるクリームの存在。いろいろなタイプのものがありますが、出産前にも出産後にも使える人気のクリーム、AFCとベルタの成分や使い心地を徹底比較してみました!AFCマタニティクリーム公式サイト...

今回は、できてしまった肉割れや妊娠線に効果的なノコア(NOCOR)と、先輩ママ100人の女性の声で開発されたAFCマタニティクリームを徹底比較してみました。使うならどっちがいいのか、ポイント別にそれぞれのメリットやデメリットを確認していきましょう。AFCマタニティクリーム公式サイトはこちらノコア公式サイトはこちらノコア(NOCOR)とAFCマタニティクリームの特徴は?妊娠線を予防・消すために、さま...