妊娠初期から妊娠線予防クリームを入浴後に塗るのがおすすめ!

妊娠線予防する方法とは

お腹が大きくなると、赤ちゃんも大きく成長していることを実感できるので、喜びも大きくなりますよね♪

 

しかし、ふと不安がよぎるのは「妊娠線のこと…」。キレイな肌のままでいる方法はないのでしょうか?
妊娠線は、子宮が急激に大きくなってお腹まわりの皮膚が引っ張られて生じるといわれています。

 

今回は、なぜ妊娠線ができるのか?妊娠線の予防に効果的な方法は?を説明します。

 

妊娠線はなぜできるの?いつからできる?

子宮の成長に追いつかない周辺の皮膚がハリを失って起こす肌トラブルが妊娠線です。

 

そのため、妊娠線は、子宮の成長が著しい妊娠中期に入って出来る人が多いようです。しかし、人によっては、妊娠初期から妊娠線が出来ることもあります。

 

ある調査では、妊娠線ができた時期について、妊娠後期が妊婦の5割、中期が3割強、初期が1割強だとのこと。妊婦の8割強が妊娠中期以降に妊娠線が出来ていますが、妊娠初期から出来た妊婦も1割強いたということが分かります。

 

妊娠線は、一回出来てしまうと元には戻りません。そのため、妊娠線が出来る前からケアをすることが必要になってきます。

 

妊娠線予防クリームの成分には葉酸が効果的

妊娠線予防する葉酸の効果とは

 

妊娠線予防クリームには、肌の引き締め効果があり、妊婦をケアする主要成分である葉酸が含まれるものを選ぶのがおすすめ!

 

葉酸は、妊娠中は内服して摂取しますが、直接肌に塗って外からも補給した方が効果的なんだとか。

 

葉酸も配合されたAFCマタニティクリームがおすすめ!

AFCマタニティクリーム

 

そこでおすすめの妊娠線予防クリームが、AFCマタニティクリーム
葉酸といった妊娠線ケアに欲しい成分が配合されています!

 

また、冷えが心配の方にピッタリ!気持ちいい「じんわりと暖まる「ヘスペリジン」という成分が入っているそうなので、真冬でも慌てて塗ることもなく、塗れそうですね!

 

しかも、AFCのマタニティクリームは1本3,000円程度と、とってもお手頃価格なのもおすすめの理由です♪

 

おすすめ!AFCマタニティクリーム

 

補足:妊娠線の敵は乾燥!保湿を十分することが重要です!

他には、潤いを肌の奥まで届けてくれるシラノール誘導体、血流を良くするコエンザイムQ10、還元力が高く別名ビタミンPとも呼ばれるヘスペリジンなども含んでいると、肌の調子が良いようです。

ベルタマザークリーム

そのような条件を満たした妊娠線予防クリームとして、『たまごクラブ』でも評価が高かった「ベルタマザークリーム」

 

葉酸サプリでも人気の高いベルタなので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
ベルタマタニティクリームは1本7,000円近い金額で、ちょっとお高めですが、上記のリッチな美容成分がたっぷり入っているので妥当な価格ですね♪

 

普段使いにはAFCマタニティクリーム。週に1回リッチな気分を味わいたいときには、ベルタマザークリームを。なんていうのも気分が変わって良いかもしれませんね^^

 

ベルタマザークリーム詳しくはコチラ

 

妊娠線ができない方法は入浴後に〇〇を!

妊娠線の予防はお風呂のあとに塗ること

クリームを塗るのは、入浴後。肌に浸透しやすくなっており、血行も良くなっている時だからです。

 

500円玉くらいの量を手に取り、優しくお腹を撫でるように塗ります。おへその周囲を時計回りに塗り、お腹を上下に塗り、おへその中心から外側に行く感じで塗ります。いずれも、動作はゆっくりとするのがコツ。お腹の赤ちゃんに話しかけながら手を動かすと良いでしょう。

妊娠線は、お腹以外にも、お尻、バスト、太もも、二の腕などにも出来ることがあります。バストは多少とも予想できる箇所ですが、お尻、太もも、二の腕などは想定外ですので、出来てしまってから後悔しかねません。事前にたっぷりと妊娠線予防クリームを塗っておくことが大切です。

 

お手頃価格なので安心してたっぷり使える♪