AFC ストレッチマーククリームの効果

ストレッチマークはいつから予防するべき?予防&改善方法をご紹介!

妊娠してしばらくすると、日に日に大きくなっていくお腹を見て、赤ちゃんが順調に育っているのを感じますね。
とても喜ばしいことなのですが、この大きくなるお腹によって、後々まで残ってしまう跡ができることもあります。
妊娠中は、食べるものや飲み物、周囲の環境にも気を配らないといけないので、なかなかママさんのスキンケアまで手が回らないことも多いでしょう。

 

しかし、事前にしっかり注意していれば予防することもできますので、できれば毎日ケアすることをおすすめします。

 

できてしまってから後悔したくないママさんのために、ストレッチマークの予防方法についてご紹介します!

 

ストレッチマークとは?

 

ストレッチマークとは、いわゆる「妊娠線」「肉割れ」などとも呼ばれているもので、皮膚にひび割れたようなギザギザの線状の跡ができることです。
妊娠線や肉割れは同じものを指しますが、一般的に妊娠時にできるものを妊娠線、それ以外でできるものを肉割れと呼び分けることが多いです。
というのも、妊娠の時だけにできるものではなく、成長期のこどもや急に太ってしまった人など、男女問わずどんな人にも発生する可能性のあるものだからです。

 

ストレッチマークができる仕組み

まずは、どうしてこのようなストレッチマークができるのかについてご説明します。

 

人間の皮膚は一番表側に「表皮」があり、その内側に「真皮」、さらに内側に「皮下組織」が存在する層状の構造をしています。
一番外側の表皮は比較的伸びやすいのですが、その内側にある真皮や皮下組織は伸縮しにくく、ストレッチマークができる要因となっています。

 

妊娠時には、赤ちゃんの成長に伴って急速にお腹が大きくなりますが、真皮が伸びきれないとその主成分であるコラーゲン組織が裂けてしまいます。
その傷跡がストレッチマークとなって残ってしまうのです。

 

また、皮膚が乾燥していたり血行不良の状態にあると、伸縮性が低下してストレッチマークができやすくなります。

 

ストレッチマークの症状

 

ストレッチマークは、原因や皮膚の状態によっても異なりますが、基本的にひび割れたような跡が残ってしまうのが特徴です。
イメージとしては、スーパーなどでもらう白いビニール袋を、思いっきり引き延ばした時にできるシワのような感じでしょうか。
ただ、ビニールは伸びきってしまうと元に戻りませんが、人間の皮膚や細胞は新陳代謝によって生まれ変わっていますので、改善することは不可能ではありません。

 

また、表皮の内側にある真皮の断裂が原因なので、さわると少しデコボコしているのがわかります。
できたばかりの頃は赤っぽく見えますが、時間がたつと白っぽくなってそれほど目立たなくなります。

 

しかし、白くなっても少しテカリがあって完全に消えることがなく、人によっては血管が透けて赤く見えてしまうことも・・・。

 

一度できてしまったストレッチマークを完全に消すことは難しく、何十年も残ってしまうのがやっかいですね。

 

私も、中学生の頃にふくらはぎにストレッチマークができ、20年以上たった今もうっすら跡が残っています。

 

ストレッチマークができやすい箇所

 

妊娠時にストレッチマークができやすいのは、やはり大きくなるお腹が挙げられますが、ほかにもできやすい箇所があります。
それは、お腹と同様に大きくなる乳房や、全体的に体重が増加して太めになる太もも、おしり、二の腕など。

 

体のどこにでもできる可能性はあるので、お腹周りだけでなく、全身のケアをすることが予防のためにも必要になります。

 

ストレッチマークの予防はいつから何をすればいいの?

 

成長期にできるストレッチマークは無自覚なことも多く、予防できずに気が付いたら跡になっていたということも多いですが、妊娠時には計画的に予防することも可能です。
妊娠中に自分でできる予防方法についてご紹介します。

 

ストレッチマークの予防には保湿が重要!

ストレッチマークの予防といっても、お腹が大きくなるスピードを調節することはできませんので、外側からケアするのが効果的です。

 

もっとも重要なポイントは、肌をしっかり保湿することです。

 

肌が乾燥していると伸縮性や弾力性が低くなるので、余計に真皮がひび割れしやすくなってしまいます。
また、血行が悪くなると新陳代謝が悪くなって、肌の生まれ変わりであるターンオーバーが正常に行われなくなってしまいます。
その結果、真皮のコラーゲンが再生されにくくなり、跡に残ってしまうのです。

 

これらを改善するには、保湿効果や血行を促進する成分が配合されたクリームやオイルなどを使用して、スキンケアやマッサージをすることが有効です

 

ストレッチマークの予防はお早めに!

 

妊娠時のストレッチマークの予防には、専用のクリームやオイルがたくさん販売されていますので、それらを用いて毎日ケアすることができます。
そこで気になるのは、「いつ頃から始めればいいのか」ということでしょう。

 

専用のクリームなどの商品には、使い方や使い始める目安などが記載されており、その多くは「妊娠4ヶ月頃から」の使用をおすすめしています

 

しかし、お腹が大きくなってからケアを始めるよりは、妊娠が分かった時から始めるほうがより効果的です。
クリームなどを使用する目的は、肌の保湿や血行を促進するためですが、すぐに効果が表れるとは限りません。
乾燥肌の人や血行不良の人は、できるだけ早めに予防のケアを始めることがおすすめです。

 

スキンケアと並行して、できる範囲で適度な運動や散歩などを続ければ、血行促進になりますし体重管理もしやすくなりますよ。

 

ストレッチマークの予防に効果的な商品は?

ストレッチマークの予防に効果的な商品は意外とたくさんあり、マタニティクリーム、マザークリームなどの名称で売られています。

 

もちろん、ふだんお使いの保湿クリームやボディローション、マッサージオイルなどをそのまま使い続けてもいいのですが、妊娠中は肌も感覚も敏感になっているので、できるだけやさしい成分のものを使ったほうがいいでしょう。

 

赤ちゃんに影響のあるものも避けたいので、無添加・無香料など成分もしっかりチェックし、使い心地や香りにもこだわったものを探してください。

 

マタニティクリームの使い方

ストレッチマークを予防するクリームは、肌の乾燥を防いで伸縮性を高めることなどが目的ですので、基本的には毎日使用するようにしましょう

 

できれば朝起きた時と、夜寝る前(お風呂上りなど)の、1日2回使用するのが理想です。

 

マッサージ方法などは商品によっても異なりますが、お腹を中心に全身にやさしくなじませるだけでもOKです。
お腹が大きくなると動きにくくなりますし、気分がすぐれない時には無理しないようにしてくださいね。

 

ストレッチマークの予防におすすめのクリーム

ストレッチマークの予防商品を探すと思いのほかたくさんあって、選ぶのに迷ってしまいますね。
そこで、妊娠中でも使いやすいクリームをひとつご紹介したいと思います。

 

予防にも改善にも使えるAFCマタニティクリーム

マタニティクリームは海外製品もたくさんあり、使い心地や香りが心配な人もいらしゃるでしょう。
AFCマタニティクリームは日本製で、妊婦さんや出産を終えたママさんたち100人の女性の声から生まれた商品なんです。
その成分は、

  • 新陳代謝を活発にして肌のめぐりを良くする「葉酸」
  • 冷えを改善して血行を良くする、かんきつ類のポリフェノール「ヘスペリジン」
  • 肌にうるおいを与えて引き締める「ダーマクロレラ」
  • ビターオレンジの香りでリラックスできる精油アロマ「ネロリ」

など、自然由来でやさしく肌を整えてくれるものばかり。
クリームを塗るとべたつきが気になるという人でも使いやすい、サラッとした使い心地です。

 

また、特別なマッサージなどは必要なく、手軽に使えて価格も約1ヶ月分で3,024円(税込)と、ほかの商品よりかなりお買い得なので経済的にも安心です。

 

もし、予防していてもストレッチマークができてしまった場合、このクリームを使い続けていれば、新陳代謝が良くなって少しずつ改善していく効果が期待できます。

 

マタニティクリームには、予防に特化したものと改善に特化したものがありますが、AFCのマタニティクリームはその両方に効果的なので特におすすめです。

 

AFC妊娠線クリーム公式HP

 

ストレッチマークはできる前の予防が肝心!

 

ストレッチマークは一度できてしまうと、薄くすることはできても完全に消えることはありません。
お腹にできた跡は、出産を終えたママさんの勲章のようなものでもありますが、やっぱり人目に触れることを考えるとできないほうがうれしいですよね。

 

どれだけ予防しても、絶対に跡に残らないとは言い切れないのですが、「きちんとケアしていればよかった」と後悔しないよう、できる内にできることを始めてみましょう。